教室の日常

手織りのある暮らし

コロナの影響で半分に減らしていた定員を今月から一人増やし、
少しだけ賑やかになりました。
 
ずっとお待ち頂いていた一日体験や新規のご入会も始まったところです。
 
コロナの影響で社会は一気にリモート化が進み、
モニター越しに人やモノに出会う生活に変わろうとしています。
 
このご時世、生の人と出会い、本物のモノに触れ、
しかも、欲しいモノを手間暇かけて作ってしまう。
そんな事が、とても贅沢になりつつあります。
 
手織りもその贅沢な事のひとつです。
 
機をいつもかたわらに置き、
生活の布を織りながら、
それを使って暮らす。
 
そして、暮らし方全体がゆっくり丁寧になり、
心地よい毎日が続く。
 
手織りがこの様に皆さんの日常に寄り添い、
自然な存在になったら理想かなと思います。
 
 
本日の高機のお稽古は、昼夜織りでした。
 
 
20200709 画像1
 
 
高機の生徒さんのご自宅作品もご紹介します。
 
ピュアカシミヤ(100%)
オーバーショット織りのストール。
 
 
20200709 画像2
 
 
オーバーショット織りは高機のレッスンでお教えしています。
 
教室に学びにいらした皆さんが、なるべく無理なく継続できるように心がけております。
少しでも理想の形に近づく様に、頑張りましょう。