教室の日常

綿の苗

梅雨に入り、シトシト雨が降る毎日。
 
でも、雨に濡れた紫陽花は瑞々しくて、
どんよりとした天気でも爽やかな気分になります。
 
この時期の雨は、植物にとって大事ですね。
 
一ヶ月前に種まきをした綿の芽は、
双葉から本葉に代わり、
スクスクと成長する頃かと思います。
 
教室の綿の芽はこんな感じ。
 
 
 綿の苗
 
 
実は、これ、園芸上手な生徒さんが育てた苗のおすそ分けです。
 
私は、と言うと・・・
 
今年も種まきをしくじり、発芽しなかったのです。
 
土の準備がいい加減な上、
種を水につけっぱなしにしているうちに、
水の中で根が出てしまい、
オタマジャクシみたいに!!
 
ゲッ~と思い、あわてて土に突っ込んだせいで、
根っこが痛んでしまったようです。
 
たくさんあった種は全滅。
ウーン、園芸は難しい。
 
私より生徒さんたちの方が数十倍園芸上手です。
綿に対する愛情が違うんでしょうね。
秋の収穫を期待しています。