教室の日常

仕上げの美しさ

織りの作品は、マフラー、ストール、タピストリーなどのように
織った形のまま使用するのものばかりではありません。
 
たいていは何かに仕立てる作業が発生するものです。
 
例えば、前回記事のジャケットは、
仕立て作業を簡単に出来ないかと、
試行錯誤の末に出来た形です。
 
仕立ては織りとは別の技術。
得意不得意があります。
 
せっかく手間暇かけて織った布ですから、
ちゃんと綺麗に仕立てて使いたいものです。
 
下の写真は、織った布をポケットに利用したバッグと、
長財布キットを利用したお財布です。
 
 
 美しい仕上げ
 
 
どちらの作品も最後の仕立てがとても綺麗。
 
織った布を上手く活かし、
丁寧な手仕事ぶりが伝わって来る作品です。
 
このように、最後の仕立てで作品の良し悪しがかなり変わるのです。
 
バッグや服に関しては、
たまにはプロに仕立てを依頼する事もおすすめしていますが、
高額な仕立て代がかかります。
 
でも、素人仕立てで手作り感満載の作品は、
ちょっと恥ずかしくて使えないし・・・
 
と、仕立ての作業は悩みのタネ。
 
仕立てが簡単で綺麗な形に仕上がる方法を、
常に生徒さんと共に探しています。