教室の日常

原毛をカーディング

カーディングとは、原毛の塊を専用のブラシで良くときほぐし、
繊維の方向を揃えて紡ぎやすくする作業の事です。
 
この時、色々な色を混ぜ合わるとカラフルな味わいのある糸になります。
 
下の写真は、生徒さんが100gの原毛をカーディングし終えたモノ。
次回、紡ぎます。
 
 
 カーディング
 
 
糸作りから始めると、布地になるまで、さて、どのくらいの時間がかかるのでしょう…。
とても根気のいる仕事ですが、その楽しさにドンドンはまってしまうのです。
 
手仕事をしていると、時間を持て余すなんて事はありません。
足りなくて、足りなくて、時間の大切さを感じる日々です。