教室の日常

集めた布のおすそ分け

裂き織りがお得意の生徒さんが、
コツコツと集めた布の一部を
おすそわけして下さいました。
 
素敵な古い布ばかり。
 
長年、織りを教えていて本当に思います・・・
機(はた)を織りたい人と、
着物をよく着る人は違うという事を。
 
教室では伝統工芸の様な着尺は教えてません。
それは職人さんのお仕事。
 
機を織りながらゆったり暮らすという
ライフスタイルを楽しんでいる方々がほとんどです。
現代の手織りはそれで良いと思ってます。
 
ただ、日本は長い着物文化の中で
優れた染織技術が発展して来ました。
 
その着物を着る機会がほとんど無くなった現在、
日本の染織技術は何処へ行ってしまうのでしょう。
着なくなったの着物の行く末も案じてしまいます。
 
せめて、布が大好きな方の手にわたり、
素敵な作品に生まれ変わって欲しいものです。
 
 
 古い布