教室の日常

不用品の再生(一例)

新しいモノを買って消費し、
飽きてきたら、また買う 。
 
いつしか、風の通らない家になってしまう事も・・・
 
すっきりと暮らすには、
まず、不用品を処分するところから。
 
ところが、ひとつずつモノをみてると、
なかなか捨てられないのです。
 
思い出の有るモノは一手間かけて、
別のものに作り替えるのも一法です。
 
写真のラグ(生徒作品)はそんな一例。
ご自分の手編みのセーターをほどいた糸で織ったものです。
 
ご参考に。
 
 
 再生したラグ