太田眞世・手織り教室
048-229-5004

教室の日常

最初の課題が織り上がりました

8月に入り、急に暑くなりました。
マスク姿で暑い中を、生徒の皆さん
頑張ってお稽古に励んでいます。
 
習い始めの生徒さん達が次々に、
最初の課題作を織り終えています。
 
 
20200806 画像1 20200806 画像2
 
 
この後、仕上げの作業をして、
柔らかな手触りのマフラーの出来上がりです。
 
皆さんとても嬉しそう。
 
秋になったら、ふんわりと首に巻いて、
近所をお散歩してください。
 
「このマフラーならば使える!」
 
と、感じて下さると思います。
 
マフラーの課題が終わった後は、
「マフラー作りはプロ並!」を目指し、
ご自宅でもいろいろな色を組み合わせて
織っている方が多いです。
 
色の組み合わせを考えるのが
とっても楽しいのです。
 
ちなみに、次の写真がミニマフラーの参考作品です。
 
 
20200806 画像3
 
 
 

手織りのある暮らし

コロナの影響で半分に減らしていた定員を今月から一人増やし、
少しだけ賑やかになりました。
 
ずっとお待ち頂いていた一日体験や新規のご入会も始まったところです。
 
コロナの影響で社会は一気にリモート化が進み、
モニター越しに人やモノに出会う生活に変わろうとしています。
 
このご時世、生の人と出会い、本物のモノに触れ、
しかも、欲しいモノを手間暇かけて作ってしまう。
そんな事が、とても贅沢になりつつあります。
 
手織りもその贅沢な事のひとつです。
 
機をいつもかたわらに置き、
生活の布を織りながら、
それを使って暮らす。
 
そして、暮らし方全体がゆっくり丁寧になり、
心地よい毎日が続く。
 
手織りがこの様に皆さんの日常に寄り添い、
自然な存在になったら理想かなと思います。
 
 
本日の高機のお稽古は、昼夜織りでした。
 
 
20200709 画像1
 
 
高機の生徒さんのご自宅作品もご紹介します。
 
ピュアカシミヤ(100%)
オーバーショット織りのストール。
 
 
20200709 画像2
 
 
オーバーショット織りは高機のレッスンでお教えしています。
 
教室に学びにいらした皆さんが、なるべく無理なく継続できるように心がけております。
少しでも理想の形に近づく様に、頑張りましょう。
 
 

おすすめ簡単ラグ

明日から、7月です。
 
今年はコロナの影響で春を味わう余裕が無く、
月日の経過がやけに早く感じます。
 
お家時間が増え、
ご自宅で手織りを楽しむ時間が増えた方も多くなりました。
 
 
先日、サッサと織れるラグを「教室の日常」でご紹介したところ、
ある生徒さんがお家でもう織って来て下さいました。
 
たった一日で、タテ糸張りから織り終わりまで出来たそうです。
 
バスマットやペタンコのお座布団などに最適です。
 
 
20200630 画像
 
 
織りと言えば、手間がかかる作業ばかりかと思いがちですが、
こんな風に時短な作品もあります。
 
たまにはこのような作品に取り組むのもいいですね。
 
ただし常日頃、着古したTシャツを裂き糸にしておく事が重要。
これだけは少し時間がかかってしまいますが、
この作業があるからこそ、織り上がる作品が美しいのです。
 
 
 

新たな習慣

教室が再開し、半月が過ぎたところです。
 
感染防止の為、手洗い、消毒、マスク着用、
1日の定員は4名に限定。(通常は8名)
 
また、いつもの「おやつ」は、
トマトジュースとビスケットにかわりました。
 
いろいろ不自由な事はありますが、
4人の生徒さんと、楽しくお稽古しています。
 
 
長らく織り機から離れていた方には。。。
 
「ウォーミングアップに適した作品は何かないかなぁ・・・」
 
と思い、昨日、試作が出来ました。
 
 
 20200619 画像
 
 
サッサと織れる「裂き織りのマット」
 
タテ糸もヨコ糸も着古したTシャツを裂いた糸。
あっと言う間に織り上がります。
 
 
早速、本日皆さんにお見せしたところ、
 
「織ってみたい!」
 
と反応をいただきました。
良かったです。
 
 

教室が再開

長い外出自粛の生活から少しだけ解放され、
感染防止策をとりながら、
定員4名で手織りのお稽古が再開しました。。
 
 
20200604 画像3
 
 
2ヶ月ぶりに皆さんとお会いし、
気ままなおしゃべりを楽しめるのはなんて幸せな事なんだろうと、
しみじみ感じています。
  
緊急事態宣言が出されている頃、
生徒さんから大量の着物地コレクションが届きました。
 
手の込んだ素敵な布が一杯です。
 
昨日は生徒さんと一緒にこの宝箱を開き、
 
「何にしよう? 」
「ブラウスに仕立てようか?」
 
などと、ワイワイ言いながら好きな布探しです。
 
 
20200604 画像4
 
 
好きな手織りと布に囲まれ、
楽しいひと時だった事と思います。
 
 
もうひとつ、
自粛期間中にご自宅で織った作品をご紹介します。
 
リジットへドル90目で織ったシルクのストールです。
 
 
20200604 画像1 20200604 画像2
 
 
洋裁のかなりお上手な生徒さんで
服作りにも励んでいたそう。
 
サッサと服作りができるって、うらやましい限りです。
 
 
 

教室再開と会員サイト

世の中の「緊急事態宣言解除の流れ」を受けて、
当教室も再開することにしました。
 
 
6月2日から教室再開
 
 
当面、1日最大4名で開講します。
 
 
 
 20200524 画像
 
  
 
3月末からの自粛期間中、
教室内では様々な取組みや準備を行ってきました。
 
その1つが、教室の生徒さんを対象にした
 
「会員サイトの開設」
 
です。
 
 
本日、ようやく会員サイトのオープンをアナウンスできました。
 
 
 会員サイト
  
 
 
会員サイトでは「臨時休講」や「ルールの変更」など、
生徒さんにとって重要な情報をお伝えします。
 
また、
 
「おすすめの参考作品」
「図案や教材のダウンロード」
「生徒向け掲示板」
「生徒向けのブログ記事」
「お問い合わせフォーム」
「リンク集」
 
などのメニューを用意しており、
少しずつコンテンツを増やしていきます。
 
 
教室でのレッスンは全くできなくても、
教室内では様々な作業があるのです。
 
 
再び皆さまにお会いできることを
楽しみにしております。
 
 
 

愛犬メイちゃん

生徒さんが、愛犬をモデルした絵織りを送って下さいました。
 
 
20200522 画像 
 
 
自粛生活中、
 
「何かひとつくらい作品にしよう」
 
と思って織った作品だそうです。
 
 
 
 

バッグとアマビエ

首都圏の緊急事態宣言は、もう少し続きそうですね。
 
解除されても感染拡大を予防しながらの生活が続きます。
収束まで2年かかるそうで、この暮らし方に慣れるしかありません。
 
コロナ封じのアマビエ様とバッグの作品便りです。
 
  
20200516 画像3
 
 
コロナの早期の収束を願います。
 
 
20200516 画像1 20200516 画像2
 
 
バッグは織りも仕立てもお上手ですね。
使いやすそうです。
 
 
 

心を込めて

コロナウィルス感染予防に欠かせないのが
マスク。
最近は少し市場に出回り始めましたが、
まだまだ貴重品です。
 
外出自粛になり、お家で手作りを始めた
方も多い事とか思います。
 
 
今日は、
 
「家族のマスクを作りました。」
 
という生徒さんからお便りを頂きました。
 
淵が可愛言うプリーツマスク。
家族の安全を願いながら心を込め作っているご様子が
垣間見えた気がします。
 
 
20200515 画像1
 
 
 
もうひとつのお話。
 
緊急事態となり、教室も休業に入った頃から織り始め、
何度もやり直しながらようやく出来上がりました。
 
 
20200515 画像3 20200515 画像2
 
 
コロナ封じの妖怪です。
(4/26の記事でご紹介)
 
コロナが早く収束し、
安心してお稽古が出来きますように…
 
心を込めて織りました。
 
 

旬の手作り

公園にバラが咲き始めました。
 
 
公園のバラ
 
 
この数日、夏のように暑いですね。
 
マスクで口が覆われていると頭に熱がこもり、
熱中症が心配な季節になりました。
 
ほとんど歩かない引きこもり生活で、
筋肉は相当萎えているのでは。。。
 
今まで以上に水分を補給し、
適度な運動とバランスの良い食事を心がけたいものですね。
 
 
今回は、
 
初夏が旬の「夏みかんピール作り」にはまっている
 
と言うお便りと作品写真ををいただきましたので、
ここでご紹介します。
 
 
20200514 画像1
 
 
夏みかんはビタミンCやクエン酸が豊富で、
風邪予防や血流改善、疲労回復に効果があるそうですね。
 
自宅作品もご紹介します。
木枠で織った小さな額絵です。
 
 
20200514 画像2 20200514 画像3
 
 
アクリル板に挟んで、軽やかでおしゃれ。
季節にぴったりです。
 
こんな感じの小さな作品も楽しいですね。
 
 
戻る

ログイン

戻る メニュー

カート

JTouch Mobile Extension for Joomla! 2.5 (c) 2011 - 2013 Griddy Designs, LLC