太田眞世・手織り教室
048-229-5004
top_main1 top_main2 top_main3 top_main4 top_main5 top_main6

太田眞世・手織り教室の特長

実際に使える作品を作る

実際に使える作品を作る

●生活の中で使える布を織る
●好きな色やデザインで織れる
●布の活かし方も学べる
●デザインから指導

作った作品を使っていただくために各生徒の好みに合わせた作品指導を心がけています。

省スペースでも出来る

初心者に優しい織り機を使用

●卓上機で基礎をしっかり習得する
●高機と比べて操作が簡単
●狭いスペースでも織れる
●持ち運びも可能
●高機と比べて安い(約5分の1)

卓上機だけで様々な手織りを楽しむことができますが、希望者は高機のオプション講座も受講できます。
(初級クラス修了者のみ)

行きたい時に行ける

自分のペースで受講できる

●自分で受講日を予約
●曜日指定:受講ごとに変更可
●受講回数:自由

早く上達したい場合は月に何回でも受講できます。また、忙しい時期は全く受講しなくても構いません。

材料費が抑えられる

材料費を節約できる

●糸を1g単位で量り売りしている
●必要量のみ買えるので経済的
●自分の糸を持ち込み可能

手織りで気になるのが材料費です。
糸の量り売りや持ち込みによって、経済的な負担を小さく抑えながら、手織りを楽しむことができます。

手織り教室をお考えの方へ

POINT1 なにが学べるか?

糸

手織り教室の特徴は、教室ごとに様々です。教えている技術や、制作する作品も同じではありません。たとえば・・・

  • 着物や帯などの和装、日本の伝統的織り物を教えている教室
  • 絵織り(綴れ織り)を教えている教室
  • 北欧風の織り物を教えている教室
  • 日常生活で使えるインテリアの布を教えている教室
  • ファッションアイテムの布を教えている教室
等々。もちろん、1つの教室でこれらの複数を教えていることもよくあります。
 
手織り教室を探すときには、自分が興味を持っている織り物を教えているかどうかを必ず確認しましょう。
 
また、はじめから決まっているデザインを織るだけの教室と、デザインを考えるところから始める教室があります。お気に入りの作品を制作するためには、好きなデザインで織ることのできる教室がオススメです。
 
さらに、デザインの指導をしてもらえるかどうかも、重要なチェックポイントです。特に、デザインに自信のない方は確認しておきましょう。

POINT2 講師の経歴や志向

手織り風景

手織り教室では、いろいろな経歴をもった講師が教えています。美大出身者、短大や専門学校出身者、織り物の職人、趣味で始めて教室を作るに至った人など、様々です。

教えることのできる範囲やレベルは経歴によっても大きく異なるので、自分の希望に合った経歴の講師かどうかを確認しましょう。
 
織り物職人は日本の伝統的織り物の専門家です。このジャンルに関しては高い技術力があるので、着物や帯を織るのが主な目的であれば、職人の講師に習うのがよいでしょう。
 
美大出身者はデザイン力やセンスの良さが持ち味です。基本的な技術を様々な形で応用する能力に長けていることが多いです。
 
ただし、感性やスキルは講師によって個人差も大きいので、自分の好みに合うかどうかをチェックすることが大事です。
 
具体的には、講師の作った作品(写真)をよく見てください。「自分もこんな作品を織りたい」と思えるような講師に習いましょう。
 
もしも、
 
「好きなデザインの布を織りたい」
「デザインのアドバイスも欲しい」
 
ということであれば、自分と感覚の合う美大出身の講師が理想的です。

 


講師が職人 講師が美大

POINT3 織り機の確認

一般家庭で利用できる織り機には、高機と卓上織り機の2種類があります。それぞれメリット/デメリットがあるので、自分の都合に合った織り機を使うことが大事です。
 
高機は機能的に優れている(組織織りができる)ものの、ある程度広い設置スペースが必要な点や、購入コストが高い点、操作が複雑な点がデメリットです。
 
一方、卓上織り機は平織りに限定されるものの、狭いスペースでも織ることができる点や、購入コストが高機より大幅に安い点、操作が簡単な点、持ち運びができる点がメリットとなります。
 
機能最優先で選ぶなら高機で決まりでしょう。
 
十分な設置スペースを確保できない方や、購入コストをあまりかけられない方、初心者で織り機の操作に自信がない方は、卓上織り機を選ぶのが無難です。
 
手織り教室を探す際には、その教室で使用する織り機について確認しておきましょう。

高機卓上機


使用する織り機は教室により違います。

太田眞世・手織り教室では・・・

 

学べること

着物や帯など、日本の伝統的織り物は教えていません。
 
日常生活で利用できるインテリアの布やファッションアイテムの布、綴れ織り、北欧風の織り物は全て教えています。
また、布を織る前のデザインに関しては、各生徒の感性や好みを踏まえたうえでアドバイスしています。

講師経歴

講師は美大出身(芸大大学院修士)です。織りの技術はもちろん、デザインや布の活用法なども、豊富な知識と経験をもとに指導しています。

織り機

多少の経験がある方も、まずは卓上織り機で基礎をしっかり学びます。卓上機のカリキュラム修了者は、希望により高機のオプション講座を受講することもできます。
 
卓上織り機で織ることのできる作品については、作品例のページを参考にしてください。
 
さらに詳しい教室案内はこちらへ
戻る

ログイン

戻る メニュー

カート

JTouch Mobile Extension for Joomla! 2.5 (c) 2011 - 2013 Griddy Designs, LLC